肩・腰・顔・足。コリとの戦いに終止符を。国内外特許取得・一般医療機器
肩・腰・顔・足。コリとの戦いに終止符を。国内外特許取得・一般医療機器

メディア紹介・出展
2019/04/24 
弊社ではこのたび、下記展示会へ出展します。販売代理店様、パートナー希望様他、この機会にぜひご来臨ください。

第6回 国際 ヘルス&ビューティグッズEXPO【夏】
開催期間:2019年6月26日(水)~28日(金)
開催場所:東京ビッグサイト
出展小間位置:W27-60
  コリ改善と美容効果の新機軸。 「コリストップ」は、なぜ効くの?ポリモーダル反応により血流が増加。その事で発痛物質や老廃物を体外に除去し、
コリや痛みの改善に繋がります。 ポリモーダル反応が起きると体内の血流が増加。侵害刺激を洗い流し、体外に押し出そうとするため、結果的に発痛物質・老廃物が体外に除去される効果があります。(こり、痛みの改善)従来の鍼灸・マッサージはこの効果を治療に応用していますが、持続しないことが欠点といえます。

定期お届けコースキャンペーン
  コリ改善と美容効果の新機軸。 定期お届けコースキャンペーン
コリストップの微弱電流は真皮層まで届くから、真皮層のポリモーダル受容器へ刺激が可能です。 コリストップは、皮膚に接触させることによって、体内イオンが受容器を刺激し、血流が向上します。 他社製品にはない構造で特許取得 皮膚内のポリモーダル侵害器官が侵害刺激として反応。このポリモーダル侵害器官の反応は、身体に鍼を打った事と同様であり、以て非侵襲にて鍼の代用をおこないます。、 コリストップの効果は、従来の鍼灸と異なり、効果の残留が下がりきらないうちに次の刺激が来るために、短期間での効果が表れます 鍼灸やマッサージは高い効果を持ちながらその持続性が課題でした。 コリストップはその課題を解決すべく、24時間刺激を通じて血流改善を促し、コリを鎮静化します。 コリや痛みの箇所に貼る…! トリガーポイントとは 同じ部位に3日間貼る…! 使用上の注意事項 コリだけでなく美容もケアする多角的効果。 コリストップの美肌アンチエイジング効果、コリストップを使用すると、コラーゲン増殖によるお肌の若返りが期待できます。
コリストップによるミトコンドリア活性化のメカニズム

フェイスケアでお使い頂く2つのポイント


コリストップは、皮膚に接触させることによって、体内イオンが受容器を刺激し、血流が向上します。

他社製品にはない構造で特許取得 他社製品にはない構造で特許取得
皮膚内のポリモーダル侵害器官が侵害刺激として反応。このポリモーダル侵害器官の反応は、身体に鍼を打った事と同様であり、以て非侵襲にて鍼の代用をおこないます。、 鍼灸やマッサージは高い効果を持ちながらその持続性が課題でした。

コリストップはその課題を解決すべく、24時間刺激を通じて血流改善を促し、コリを鎮静化します。 コリストップはその課題を解決すべく、24時間刺激を通じて血流改善を促し、コリを鎮静化します。 コリだけでなく美容もケアする多角的効果。
コリストップは、重度の肩こり・膝痛など、使用シーンや対象者によって異なる効果を実感いただいており、様々な悩み解決につながると期待されます
コリストップは、重度の肩こり・膝痛など、使用シーンや対象者によって異なる効果を実感いただいており、様々な悩み解決につながると期待されます

Instagram
公式コリストップアカウント


コリストップは痛みの二次被害を引き起こすコリの原点「トリガーポイント」に働きかけコリや痛みを根本から治療。
コリストップは痛みの二次被害を引き起こすコリの原点「トリガーポイント」に働きかけコリや痛みを根本から治療。 コリストップは痛みの二次被害を引き起こすコリの原点「トリガーポイント」に働きかけコリや痛みを根本から治療。
定期便ご利用者様から喜びの声が止まりません!



商品名
コリストップ
特許認可

特許第4772458号
特許第5881158号
特許第6153259号
特許第6168639号
特許第6168640号
特許第6372888号
特許第6424409号

中国特許201210068469.7
中国特許201610425795X

医療機器認可:平成30年8月28日取得

仕様
届出番号:12B3X10017etlh02
機械器具80 はり又はきゅう用器具
非侵襲式家庭向け鍼用器具 
JMDN 34675001
内容量
●1シート(10粒)
●貼替シート2シート(24時間を目安に貼替えて使用。1粒72時間使用可能。)
●A4サイズ両面取扱い説明書(使用方法、使用上の注意、貼付ポイント案内)
●感想ハガキ
使用目的又は効果

家庭ではり治療に使用するため、身体に刺入れず皮膚に貼付する器具。

使用方法等
コリや痛みのある場所や、鍼灸理論の経絡に貼付して下さい。
禁忌・禁止

・皮膚以外の、口中・粘膜及び傷口には使用しないで下さい。
・口内炎のある方は使用しないで下さい。
・もし、皮膚にかゆみや発疹等が起こったら直ちに使用を止めて、専門医の診察を受けて下さい。
かゆい所を、掻いたり傷つけたりは絶対にしないで下さい。
・皮膚を清潔にして貼付し、24時間以上の連続使用はなさらない

警 告

本商品は金属が使用されています。金属アレルギーの方は使用なさらないで下さい。

 

PAGE TOP